萌え速 〜グラドル速報〜

主にグラドル写真、ツイッター、2chまとめサイトです。 他のサイトより.........もあります!( ´艸`) 女優、モデル、アイドル、レースクイーンも網羅しています。

    伊原六花



    (出典 www.yutori528.com)



    1 muffin ★ :2018/03/22(木) 11:46:01.14

    https://www.oricon.co.jp/news/2107926/full/
    2018-03-22 10:28

     昨年“バブリーダンス”で大ブレイクした大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテンで、4月から今月芸能活動を開始することを発表した伊原六花(いはら・りっか)が出演する、センチュリー21のWEBムービー『おったまげ卒業サプライズムービー』が公開された。
    今作は、初代“センチュリー21ガール”に就任した伊原に対し、ダンス部の同期11人と、コーチのakaneが卒業サプライズするというもの。

     映像は、何も知らない伊原がインタビューしている風景から始まる。ダンス部でのつらい日々などを振り返り、「私がずっと頑張れてきたのも周りに友達がいるなかで、ずっと頑張れてきたので……」と振り返っている最中に同期メンバーが「キャプテン!!」と教室に乱入。メンバーが黒板に書かれたメッセージを隠していた黒幕を取り払うと、すでに伊原の目には涙が浮かぶ。

     サプライズはさらに続き、メンバーは“仰げば尊し”に乗せた新作ダンスを披露。ダンスを構成したakaneが「今までの作品の振付や構成をうまく取り入れて思い出のダンスにしました。サプライズ感が出せるように、徐々にメンバーが増える構成にしていて、驚いてくれるかなと思います」と語っているようにメンバーが増えるたびに伊原の目には涙と笑顔が浮かぶ。

     そして最後のサプライズとして登場したのは、コーチである振付師のakane。卒業祝いとして手紙を「周りで支えてくれる人への感謝を忘れず、一人でも多くの人に元気や感動を与えられる人になってください」というメッセージに「ありがとうございます」と満面の笑みを見せた。

     サプライズを受けた伊原は「初めてサプライズをしてもらったんですけど、まったく気づかなくて、みんなの顔を見た瞬間、安心感がすごすぎて号泣してしまいました。これから新生活が始まり、同級生やコーチとなかなか会えない状況になると思いますが、私らしく謙虚に明るくがんばっていきたいと思います」と今後の抱負を語った。


    【【動画】登美丘高ダンス部元キャプテン・伊原六花 卒業サプライズに号泣 】の続きを読む



    (出典 www.danstreet.jp)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/02/13(火) 06:39:27.39 ID:CAP_USER9.net

    バブリーダンスで話題の大阪・登美丘高ダンス部キャプテン、伊原六花(りっか、18)がCMデビューすることが12日、分かった。7月から放送される不動産会社、センチュリー21・ジャパンの新CMに出演。
    ボディコンのバブル女子から一転、同社の制服であるゴールドジャケット姿を披露した伊原は「(バブリー衣装の)肩パットは入っていないですが、背筋が伸びます」と、女優としての第一歩に気を引き締めた。

     昨年10月、女優の広瀬アリス(23)、広瀬すず(19)姉妹らが所属する芸能事務所、フォスターに入り、芸能界デビューした伊原が、トップスターへの一歩を踏み出す。

     俳優、ケイン・コスギ(43)の熱演で知られるセンチュリー21のCMの新イメージキャラクター、初代センチュリー21ガールに抜てき。
    7月から放送される新CMの出演が決まった伊原は「すごくうれしい。会社やキャラクターのイメージに合うように、しっかりと信頼や親しみが伝えられるように頑張ります」と気合十分だ。

     CMは昨年末から行われたオーディションでゲット。約80人の中から書類審査と2回の演技審査を持ち前のガッツと表現力で乗り切った。

     伊原は「オーディションは近くで多くの人に見られる中、その場で言われたことをやる。ダンスのステージでは一生懸命練習したものを見せるだけなので、とても不安で緊張しました」と苦笑。
    だが、関係者は「色に染まらない初々しさと印象に残る演技で伸びしろがある」と期待する。

     昨年はキャプテンを務める登美丘高ダンス部が歌手の荻野目洋子(49)の代表曲「ダンシング・ヒーロー」にのせて女性芸人、平野ノラ(39)ばりのバブリーな格好で踊りまくる動画がネット上で大反響。
    年末の日本レコード大賞やNHK紅白歌合戦にも初出場した。

     「知ってもらえている方がすごく増えた」と喜ぶ伊原は、3月の高校卒業後に女優業を本格スタート。
    事務所の大先輩、瀬戸朝香(41)が出演するTBS系「きみが心に棲みついた」(火曜後10・0)の撮影現場を見学するなど努力を惜しまない大型新人は
    「自分らしくどん欲に頑張って多方面で活躍できる女優になりたい」と宣言。今後は演技力の開花に情熱を燃やす。

    伊原六花(いはら・りっか)
     1999(平成11)年6月2日生まれ、18歳。大阪府出身。小学2年から高校1年までミュージカルスクールに通い、演技を習う。
    2015年に大阪・登美丘高に入学。ダンス部に入部し、昨年8月の日本高校ダンス部選手権で準優勝。同10月に芸能界入り。趣味は料理、読書で、好きな本は「星の王子さま」。特技はダンス。1メートル60。

    登美丘高校
     1924(大正13)年創立。普通科のみの府立の共学高校。
    ダンス部は設立当初10人だったが、現在は1、2年生72人が所属。日本高校ダンス部選手権で2015年から連覇を飾り、17年は準優勝。
    主なOBにプロ野球・阪神などで活躍した藤井栄治氏(78)がいる。所在地は大阪府堺市東区西野51。


    【登美丘高ダンス部キャプテンの伊原六花、おったまげCMデビュー!】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)




    【【速報】登美ヶ丘高校ダンス部キャプテンが伊原六花という芸名で芸能界デビュー】の続きを読む

    このページのトップヘ