(出典 www.yutori528.com)



1 muffin ★ :2018/03/22(木) 11:46:01.14

https://www.oricon.co.jp/news/2107926/full/
2018-03-22 10:28

 昨年“バブリーダンス”で大ブレイクした大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテンで、4月から今月芸能活動を開始することを発表した伊原六花(いはら・りっか)が出演する、センチュリー21のWEBムービー『おったまげ卒業サプライズムービー』が公開された。
今作は、初代“センチュリー21ガール”に就任した伊原に対し、ダンス部の同期11人と、コーチのakaneが卒業サプライズするというもの。

 映像は、何も知らない伊原がインタビューしている風景から始まる。ダンス部でのつらい日々などを振り返り、「私がずっと頑張れてきたのも周りに友達がいるなかで、ずっと頑張れてきたので……」と振り返っている最中に同期メンバーが「キャプテン!!」と教室に乱入。メンバーが黒板に書かれたメッセージを隠していた黒幕を取り払うと、すでに伊原の目には涙が浮かぶ。

 サプライズはさらに続き、メンバーは“仰げば尊し”に乗せた新作ダンスを披露。ダンスを構成したakaneが「今までの作品の振付や構成をうまく取り入れて思い出のダンスにしました。サプライズ感が出せるように、徐々にメンバーが増える構成にしていて、驚いてくれるかなと思います」と語っているようにメンバーが増えるたびに伊原の目には涙と笑顔が浮かぶ。

 そして最後のサプライズとして登場したのは、コーチである振付師のakane。卒業祝いとして手紙を「周りで支えてくれる人への感謝を忘れず、一人でも多くの人に元気や感動を与えられる人になってください」というメッセージに「ありがとうございます」と満面の笑みを見せた。

 サプライズを受けた伊原は「初めてサプライズをしてもらったんですけど、まったく気づかなくて、みんなの顔を見た瞬間、安心感がすごすぎて号泣してしまいました。これから新生活が始まり、同級生やコーチとなかなか会えない状況になると思いますが、私らしく謙虚に明るくがんばっていきたいと思います」と今後の抱負を語った。


【【動画】登美丘高ダンス部元キャプテン・伊原六花 卒業サプライズに号泣 】の続きを読む