萌え速 〜グラドル速報〜

主にグラドル写真、ツイッター、2chまとめサイトです。 他のサイトより.........もあります!( ´艸`) 女優、モデル、アイドル、レースクイーンも網羅しています。

    吉岡里帆



    (出典 cdn.mdpr.jp)



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/03/02(金) 21:01:59.90 ID:xlIOUIB20●.net BE:322453424-2BP(2000)


    「すっかり、味をしめちゃったみたいです」(テレビ局関係者)

     現在、連ドラ『きみが心に棲みついた』(TBS系)に出演している吉岡里帆(25)。
     「彼女にとって、初の民放主演ドラマ。人気コミックの実写化で、自分に自信がなく弱気な下着メーカーのOL(吉岡)が、出版社の編集者(桐谷健太)とドSな上司(向井理)の間で恋心が揺れ動く姿を描いています」(ドラマ関係者)

     大きな話題となったのが、第3話で見せた吉岡の“下着姿”。
     「原作ファンにはおなじみの“見せ場シーン”でした。主人公が上司に言われ、自社の商品発表会で下着姿でランウェイを歩くシーン。吉岡はフェロモンたっぷりに、見事に再現しました」(芸能ライター)

     しかし、視聴率にはつながらず、今も大苦戦。さぞかし、吉岡も落胆していると思いきや…。
     「いや、むしろその反対で“見せる喜び”に目覚めたようなのです。このところ、プライベートでも赤や黒といった原色のセクシーランジェリーを身につけることが多くなったと聞いています」(テレビ局関係者)
     実は'12年、女優を志して現事務所に所属していた吉岡は、'14年夏から水着姿にも果敢にチャレンジ。グラビア界に進出したことがあったのだ。
     「ですから、人前で肌を見せることには、慣れているんです。もちろん、その頃の彼女はなかなか芽が出ず、“なんとかしなければ”と焦っていたんですけどね。売れるには脱ぐしかないと考えていたんです」(グラビアカメラマン)

     女優ではなく、“グラドル”として週刊誌上に登場した吉岡は、一躍、注目の的となった。
     「愛くるしい童顔にそぐわないEカップ乳が男たちの下半身を急襲しました。本人も、カラダには相当の自信と自負があると思います」(同)

     素顔は、週1ペースで450グラムのステーキをペロリと平らげるという“超肉食系女子”の吉岡。
     「どうやら、ヘアヌードに意欲満々のようなのです。落ち目になってから出すより、かつての宮沢りえのように、人気があるうちに撮ってもらおうという考え方。入浴後の鏡の前での全身チェックや朝晩の腹筋やスクワットを欠かさず、体型維持に余念がないようです」(前述・芸能ライター)

     想像しただけで鼻血が出そう!

    https://wjn.jp/sp/article/detail/4195585/


    【吉岡里帆、下着姿はクリアー! 次はヘアヌードへ意欲満々wwww】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 きゅう ★ :2018/02/24(土) 12:24:11.60

    特に悪いことをしている訳ではないのに、SNSに載せた写真やテレビなどでの発言が頻繁に炎上してしまう芸能人がいる。よほど好感度が低いのか、あるいは嫉妬の声が入り混じっているのか。「そんなことで?」というような出来事で炎上すると、逆に同情されることも少なくない。

     2018年1月にタレントのダレノガレ明美(27)は、自身のTwitterで「一眼レフ」の購入を報告。するとネット上では「そんなカメラで何撮る気だよ」「初心者が調子乗りすぎ」「ただの嫌味じゃん。性格悪すぎ」などの声が上がった。どうやらかなり値段の張る上級者向けの機種を、初心者のダレノガレが購入したことに腹を立てたようだ。

     そこで今回は、ダレノガレのように何をしても炎上してしまう芸能人を紹介していこう!

    【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/02/post_16076_entry.html


    ●吉岡里帆

     まずは女優の吉岡里帆(25)。ドラマやCMなどで大活躍中の彼女をテレビで見ない日はない。しかし女性たちからはかなり評判が悪く、バラエティ番組などに出演する度に「あざとすぎる」と炎上している。

     吉岡の主演ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)が放送されると、翌日にはネット上で「吉岡里帆見てるとイライラする」「演技がヘタすぎるだろ。女優名乗るな」「可愛いと思ったこと1度もないから」という声が続出。2018年1月に放送された『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)で、「もしも友達の彼女が芸能人だったら… 信じる? 信じない?」という企画でドッキリを仕掛けた吉岡は、自身が出演するCM「どん兵衛」の“どんぎつね”のポーズを披露した。番組を見ていた視聴者からは「可愛すぎる」「破壊力がハンパじゃない」という声が上がる一方で、「ただただ、あざとい」「こういう女が好きな男が嫌い」と嫉妬のような声も。

    (出典 cdn.mdpr.jp)

    ●浜崎あゆみ

     続いては10代女子のカリスマ的存在だったアーティストの浜崎あゆみ(39)。かつて一世を風靡した平成の歌姫も、TwitterやインスタグラムといったSNSを利用するようになってからは度々炎上している。

     2017年9月に、自身のインスタグラム上で愛犬2匹との記念撮影画像を公開。両脇に犬を抱えた浜崎の何の変哲もない写真だが、強い光が当てられているその写真を見て、ペット好きから「犬の撮影でストロボやフラッシュを焚いて撮影するなんて言語道断」「犬の目は人間より光に過敏なのに…」「そんなことも知らないなんていくらお金持ってても哀れ」と批判が続出してしまった。しかし「そんなこと言ったら犬がモデルのポスターとかも全部だめじゃんね」「画像を加工してるだけかもしれないよ」という擁護の声も少なくない。

    (出典 parts.news-postseven.com)

    ●辻希美

     最後は“炎上クイーン”の辻希美(30)。「一日一辻」という格言が生まれてしまうほど何をしても炎上する辻だが、それでもめげずにブログを更新し続けている。

     2018年1月に、家族で“いちご狩り”をしたとブログで報告。「練乳につけて採りたて苺を頂きましたぁー」という微笑ましい一文がなぜか大炎上する事態に。ネット上では「採りたての苺に練乳なんてかけてんじゃねーよ」「本当に苺が好きならそのまま食べろ」「苺狩りって採りたてをそのまま食べるのが醍醐味でしょ。練乳つけるとかアホすぎる」といった声が続出。しかしこれにはさすがに「練乳くらい好きにかけさせろよ」と同情の声も上がったのだった。

    (出典 akkun1128.up.seesaa.net)

    (文=ヤーコン大助)

    https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_57563/

    【「可愛いと思ったこと1度もない」吉岡里帆に「イライラする」の声 】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 カーディフ ★ :2018/02/16(金) 01:28:30.55 ID:CAP_USER9.net

    「現場で2人の間にはピリピリした空気が流れていましたが、まさか、中村がこんな形で実力行使に出るとは…正直、恐ろしい限りです」(TBS関係者)

     現場からこんな穏やかならぬ声が漏れ伝わって来たのが、女優の吉岡里帆(25)の民放連ドラ初主演作品「きみが心に棲みついた」(TBS系)。

     初回から視聴率は1ケタに低迷。ドラマの内容自体はまったく話題になっていないが、吉岡と共演するモデルで女優の中村アン(30)が13日、
    自身のインスタグラムで公開した写真が話題を呼んでいる。

     中村は、ドラマ放送の告知と共に、吉岡との笑顔のツーショット写真、また、その背後に共演する俳優の桐谷健太(38)の姿が映り込む写真を掲載。

     ネット上では桐谷について、「気になってしまう」との声が相次いでいるが、吉岡を案じる声もあがっている。

     「真っ白な肌の吉岡の顔がかなり丸みを帯びて移り、まるでお笑いコンビ・にゃんこスターのアンゴラ村長です。それに対して、中村はバッチリの“決め顔”で、
    そうなると当然、吉岡のブサイクさが際立ちます。中村のインスタなので、吉岡の事務所の許可を取る必要はありませんが、あまりにも露骨過ぎる“公開処刑”でした」(芸能記者)

    https://wjn.jp/article/detail/0190604/


    【中村アン、ついに吉岡里帆の“公開処刑”wwww】の続きを読む



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 風吹けば名無し :2018/02/09(金) 19:51:15.96 ID:aFoPDKJIp.net

    いかんでしょ

    (出典 up.gc-img.net)


    【【悲報】吉岡里帆さんの無修正流出w w w】の続きを読む



    (出典 www.cinemacafe.net)



    【【悲報】吉岡里帆さん、主演ドラマで下着姿までなったのに話題にならない。。。】の続きを読む

    このページのトップヘ